小樽 レストラン海物語

  • 2012.10.19 Friday
  • 19:33

レストラン海物語。

小樽に20年近くも君臨し、多くのライダーが訪れただろうにも関わらず、
ネットで検索しても全然ヒットしない伝説のレストランだ。
パチンコ屋とは関係ないよ。


ここに初めて行ったのは1988年、初めてバイクを入手したときだった。
閉店は1998年くらいにマスターが亡くなられたときと記憶している。
享年75歳。本人の希望により密葬だった。

年の離れた奥さんがたが、店を続けるつもりはなく廃業してしまった。
よく客に「この店、やらないか」と誘っていたな。



場所は小樽市豊川町。先日行ったが、今も建物は残っていている。
しばらくは奥さんが住んでいたが、現在は別の方が民家として棲んでいる。
外観はそのままで看板の跡から当時を偲ぶことが出来る。

当時の店は骨董品と言うかガラクタと言うか、古いものがディスプレイ
された店内と、他にはないメニューが特徴的だった。

マスターの大倉さんは、もともとは井戸掘りを生業としていたが、
水道の普及とともにアパート経営に転換。しかし自身の寝タバコで
火事を起こして廃業してしまった。

またま朝里峠山頂でコーヒーを沸かして飲んでいたところ、
それを買い求める人が多いことから飲食店に感触を得たことで
レストランを始めたという。



キャッチコピーは、「潮の香りのするあなたのキャビン」

メニューは一般的なラーメンやカレーの他に、トドステーキ、
毛ガニ入りの海賊ラーメン、毛ガニが入らない小樽ちゃんぽん、
蕎麦米の粥と黒パンの生ハムサンドのセット(店ではカーシャと呼んでいた)、
魚介たっぷりの冷やし中華などが定番で、そのときによって
海蛇ラーメン、ズワイガニカレー、ズワイガニラーメン、
ラムシャブラーメンなど、バラエティに富んだものだった。

常連にはトドの刺身なんかも食わせてくれた。

食べ物以外にもナイフ、軍服、キャビア、怪しいクスリなど売っている
ことも多く、俺もいろいろ買わされた覚えがある。

実は俺は結婚式の翌日に親族一同ここで昼飯を食ったのさ。
カーシャもう一度食いたいなぁ。



店同様大倉さんも個性的な人で何度かテレビにも出演している。
最後はテレビタックルで、ビートたけしに会ったことを自慢げに話していた。

また、小柄ながら古いハーレーを転がしていたが、鹿の角をつけたり
シートに毛皮を使ったりと個性的だった。

もっとも奥さんが言うには、よく壊れる金食い虫で、
亡くなったあとに売って欲しいという人がいたが、トラブルが面倒なので
業者に引き取ってもらったと言っていた。

もともとバイクが好きと言うわけではなく、店に集まるライダーに
感化されたらしい。

最初はハーレーではなくヤマハのビラーゴに乗っていた。



1980〜1990年始めまで、バイクに旗をつけるのが流行ってたんだけど、
これは伝説の海物語特製フラッグ。

パエリアを頼むとこれが掛けられ、自慢げに料理が運ばれてきた。
今も持ってる人いるかな?

ちなみに1995年頃には、知人が中国支店を出し、マスターも
高齢ながら1ヶ月間中国に滞在したらしいが、食べるものも食べられず、
かなり過酷な状況だった。

奥さんはマスターの病気の原因は、あの中国出店が原因では
なかったかと思っているようだ。これが俺の記憶に残っている海物語だ。

まだ細々知っていることはあるけど、とりあえずこれで誰かが検索しても
海物語の昔と今が分かるだろう。

追加情報や訂正があれば宜しくお願いします。

スポンサーサイト

  • 2017.04.17 Monday
  • 19:33
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    はじめまして。
    久々にトドのステーキを思い出して、検索してたどり着きました。
    学生の頃から何度も行きました。最初は、小樽住まいの兄に連れられて。
    それから「小樽に行ったら行かなきゃ!」的な場所になり、何度も訪れ、新婚旅行の時も旦那と立ち寄りました。
    トドの刺身、美味しかったな。臭みの無いほんの一部分でしかとれないから、貴重なんだと語ってくれたマスターが、とても誇らしげで、ホレボレしました。

    わたくしは、バイクには乗らないのですが、バイク(特にハーレーなどの大型)が好きなので、角つきハーレー、格好良くて憧れていました。
    お店の中も、海賊やバイキングがいたら、こんなんだろうなあ!と思うような、色々なものがあって、特にアーミー関係が大好きな私はいつもワクワク見まわしていました。

    もうあの味や、思い出の場所がないのは、寂しいです。
    詳しい情報をのせてくださって、ありがとうございました。
    • birry
    • 2013/09/18 1:34 AM
    初めまして。あらためて自分の文章読むと、誰かに検索されるために書いたようですね。我ながら驚きました。

    海物語と、あの味を覚えてくれている方がいたことが嬉しいです。トドの刺身は首の肉だと言っていました。鶏で言えばセセリですね。

    くだらないことばかり書いているブログですが、今後も宜しくお願いします。
    • Masaka's
    • 2013/09/18 8:42 PM
    はじめまして
    私は小樽の出身です。そうかぁ・・もう大分前にお店はなくなっていたんですねぇ。店内のガラクタの状況・・多分港から拾ってきたガラスのブイとか変な物いっぱいおいてあったよね!俺も2台目に乗ったのはビラーゴ・・
    ラムシャブ拉麺の味は忘れられない・・汚くてカッコいいおやじさんだったな・・・
    • 時折の色彩
    • 2014/05/20 4:13 PM
    時折の色彩さんへ

    はじめまして。海物語には忘れたころに書き込みがあるので驚きます。いまだにマスターからもらった旧ソビエト製のバッヂを持ってます。
    一時期キャビア丼(5000円)なんてメニューもありました。今思えば格安だけど、とても手が出ず...です。
    • Masaka's
    • 2014/05/21 9:23 PM
    こんにちわ。
    引き出しの奥から古い写真が出てきて、懐かしくなり検索するとこのサイトに出会いました。
    もう24年前の1990年の夏の北海道ツーリング。私も海物語に行きました。当時は舞鶴・敦賀からの新日本海フェリーが早朝4:30ぐらいに小樽に着きました。その時刻に合わせて営業しているお店があると聞き、朝の小樽の坂道をニンジャで駆け上がったところに海物語はありました。トドのステーキを食べ、マスターと四方山話をしました。たしか日本郵船だか長い間船に乗っていて、外洋に出たら海の色は真っ黒だとか…そんな話をしたのを覚えています。海賊旗を買い、ツーリング中はずっと荷物にくくりつけてました。
    今手元には出発前に店の前で撮った一枚の写真があります。マスターと肩組んでる大学生の私と、角がついたマスターのバイクとニンジャが並んでます。
    もうマスターはいないし、お店もないのですね。
    一生忘れない、遠いあの夏の一コマです。

    ありがとうございました。
    • 青ニンジャ+USヨシムラ集合
    • 2014/09/23 10:54 PM
    はじめまして。

    思い出したように海物語には、書き込みがあります。
    こうして語り継がれることが「海物語」なんでしょうね。

    駐車場もない住宅地にバイクが来るので、近所の方は結構迷惑だったらしいです。わからなくもないですね。

    • Masaka's
    • 2014/09/24 11:24 PM
    今から20年くらい前に北海道1周旅行をした際、寄らせていただきました。ラムシャブラーメンを食べました。
    バイクじゃなけりゃ、あの店で売っていたステーキソース買ったんだけどな。
    • #1
    • 2015/03/04 6:16 PM

    紊у峨絨閞純≪篋鐚鐚綛眼篋冴羌欠茯
    <c筝祉莊≪鐚鐚<若篏с障紊鋍帥絽亥綺障冗c鴻帥若篋冴<c鐔≪鐚荐♂ф膣篁薊荐吟障罧c障絎吟違c筝綺ャ綺障
    • ushio
    • 2015/05/22 10:16 AM
    ushioさん、申し訳ございません。
    せっかくの書き込みが文字化けしています。
    もう一度お願いできますでしょうか。
    宜しくお願いいたします。
    • Masaka's
    • 2015/05/23 7:59 PM
    #1さんへ

    ステーキソースは、有名デパートのバイヤーを父に持つライダーの紹介で、一時期東京の有名デパートに卸していたと言っていました。マスターか奥さんからレシピを引き継いでおけばよかったと後悔しています。
    • Masaka's
    • 2015/05/23 8:04 PM
    子どもの頃、家族でよく訪れたお店です。
    いつもラーメンとウエハース付きのアイスクリームを注文していました。

    最中が好物の「ダモイ」というシベリアンハスキーがいましたね。懐かしいです。大倉おじさんのインパクトがすごすぎて、いつも話しかけられるとドキドキしていました。(当時、小学校低学年でしたので…)
    • ダモイ
    • 2015/06/22 10:15 PM
    ダモイさん初めまして。

    そういえばシベリアンハスキーいましたね。忘れてました。
    しかし海物語が、これほど人々の記憶に残ってるとは驚きです。

    マスターもきっと喜んでると思いますよ。
    • Masaka's
    • 2015/07/03 9:24 PM
    お邪魔します。
    商大出身でふと懐かしくなって検索したらヒットしたので遊びにきました。

    トドステーキや海賊ラーメン、私も食べました。大学生時代、実家から家族が来たときはここに連れてきたものです。

    当時、祝津方面の国道沿いにPines newていうレストランがあったのですが、こちらはもう検索しても何もヒットしませんでした。

    海物語がヒットしてくれて嬉しかったです。
    記録に残してくださってありがとうございました。ホッコリしました。

    • なつかしむ人
    • 2015/11/14 11:30 PM
    なつかしむ人さんへ
    ほとんどコメントが付かないこのブログに、なぜか海物語だけは思い出したようにコメントを寄せられる方が多いです。あの世で嬉しそうに笑っているマスターが想像できますね。
    • Masaka’s
    • 2015/11/15 5:47 PM
    大倉さん、亡くなられていたんですね。

    商大(小樽商科大学)在学中は、「海物語」に入りびたり状態でした。
    1980年代でした。

    小樽駅近辺の「ハレルヤ食堂」と並んで、思い出のたくさんある飲食店でした。

    「海物語」も、「ハレルヤ食堂」も、どちらも閉店しているようなので、寂しいかぎりです。

    • aki
    • 2016/11/29 9:35 PM
    aki 様

    初めまして。

    懐かしんでいただいて嬉しいです。ほとんど書き込みのないブログに、なぜか海物語の話題だけは時々書き込みがあります。それだけ愛されていたんでしょうね。
    • Masakazu
    • 2016/12/01 1:23 PM
    はじめまして!

    80年代に5年ほど小樽に住んでいました。
    高島屋で買ったYAMAHAのバイクで海物語によく行きました。
    熊の肉を食わされた記憶があるのですが、それはトドだったんでしょうか。

    夏場はバイクで行くことが多かったので、マスタはよく話かけてくれました。
    船乗りだったと聞いた記憶がありましたが、井戸掘りだったとは。。。

    あの頃の手宮はまだまだ飲食店も多く人がいたように思います。
    とても懐かしい記事を、ありがとうございます。
    • 歌広場〜爽
    • 2017/03/29 8:24 PM
    歌広場〜爽 様

    海物語は愛されていたんだなと、つくづく思います。
    熊肉を扱っていた記憶がないので、きっとトド肉でしょう。
    いまや、食べることができない珍味です。

    マスターは、戦後、シベリアに4年間抑留されていたと聞いています。船乗→井戸掘り→アパート経営→海物語ですかね?


    バツ3だそうで、前の奥さんとの子供がいるものの店をやるような人ではないといっていました。

    • Masakazu
    • 2017/04/03 3:42 PM
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM