スポンサーサイト

  • 2017.05.17 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ニセコ アホンダラツアー2017 Jan.

    • 2017.01.27 Friday
    • 19:51

    ニセコに行ってきました。

     

    時間と金をかけたのに「ガッカリ」な旅。

    そんな悲しい旅を「アホンダラツアー」と呼ぶ。

     

    そして今回は!?

     

     

    初日は食事&温泉三昧。

    ニセコ市街地にある「まぐろ屋10割」で昼食。

     

    手打ち蕎麦の店です。

    28蕎麦なのに「10割」とはこれいかに!

     

     

    激ウマ!

     

    蕎麦粉は時期によって産地が異なるそうです。

    今日の粉は東神楽産でした。

     

    築地直送のまぐろを使った「まぐろ丼」もセットでどうぞ。

     

    ≪店の決まり≫

     

    ・未就学児は入店不可。

    ・まぐろ丼は単品注文不可。

    ・セットメニューは4人以上の場合、かけ蕎麦か、もり蕎麦のみ可。

     

    なかなか厳しいこというなぁ。

     

    まぐろ屋10

     

     

    満腹のあとは「日本秘湯の会」会員の鯉川温泉に浸かります。

    ニセコ界隈では希少な日本旅館です。味ですよ!

     

    雪を見ながらの露天風呂は、体がとろけた!

    600円で至福の時間を楽しめるなんて安いもんだ。

     

    鯉川温泉旅館

     

     

    今回の宿はグランヒラフ付近のペンションです。

    かなりシャレオツですよ。洒落乙。

     

    ロフトタイプで室内広々。

    ひとりでも泊まれるので、さすらいの旅人にも最適!

     

    ペンションプルーミン

     

     

    翌日は朝イチでゲレンデに乗り込む。

    スノースクートでパウダーを蹴散らす爽快感が最高!

     

    ゲレンデ外解放区に突入!

    フカフカの新雪で、転んでも痛くないので安心して無茶ができる?!

     

    ボードが雪に突っ込んで前転しまくりだからね。

    翌日なんか全身バッキバキだよ〜

     

     

    しかし年々下手になっている気がする。

    体力はもちろん、反射神経と判断能力、勇気も劣って来たな。

     

    高齢者の皆さん、自主的に運転免許証を返納しましょうね。

     

     

    昼食はヒラフの穴場「望洋荘」

     

    日本人の知名度は低いが、外国人には大人気!

    食券窓口のじいさんも元気そうで何よりです。

     

     

    午後から羊蹄山も姿を現わす。

    「このシーンが見たかったんだよ〜!」と感激!

     

     

    「まだまだ行くぜ!」と3日目も張り切っていたものの悪天候で断念。

    この続きは2月に持ち越し!

     

     

    ペンションの窓辺にエゾリスが来ました。

    残念ながらお別れして家路に向かいます。

     

     

    帰り道は事故が多発し、予断を許さない状況の中、命がけのドライブ。

     

    今回はプチアホンダラツアーでした。

     

    お問合せ

    初すべりは札幌国際スキー場

    • 2016.12.09 Friday
    • 19:31

    今年初すべりは札幌国際スキー場!

    平日で空いてるし、雪質いいし、ワヤ最高!

     

     

    今年から新しく山頂から中腹に4人乗りリフトを新設。

     

    新しいリフトは、エコー、スイング、深雪の合流点にある。

    麓まで降りてゴンドラで上り直さなくても、山頂を楽しめるのがいいね。

     

    その代わり、以前の第二リフトだっけ?

    メルヘンからつながるリフトは廃止されています。

     

     

    今年からチケット売り場が1階センターハウス内に移動。

    窓口が増えたんで、混雑時の行列は解消されそうです。

     

     

    チケットはICカード化されました。

    でも、対応していないリフトがあるのはご愛敬。

     

     

    ゲレ食と山頂のカフェはすべてオープン。

     

    12時にして無人の厨房!

    段取り悪いな。ラーメン作る奴、いねーじゃん。

    この程度の客でもマゴついてたら、先が思いやられるな。

     

     

    グルメライターの癖で、ついつい麺を持って撮影。

    可もなし、不可もなしで☆2つ。

     

     

    ゲレスポにはスノーグッズが充実。

    セレクトショップらしく、結構いいものが揃っています。

     

    札幌国際スキー場のTシャツ!

    しかーし!

     

    夏に着るとなんか変だよなぁ。

     

     

    今年でスノーバイクを始めて10周年。

    久しぶりすぎて全身ガタガタだけど、まだまだ行くぜ!

    オーンズに行く前に海賊船で飯を食え

    • 2016.02.07 Sunday
    • 20:15

    忙し過ぎてブログ更新できてねー!

    こんなもんでもアクセスしてくれてアリガトウ!!!

     

    今年は全然雪山に行けてない。唯一行ったのがオーンズだけ。

    今回は、グルメゲレンデ・オーンズの掟破りを紹介するよ。


     

    オーンズのいいところは、23(または24)までの長い営業時間。

    都心に近いし、ゆっくり寝て午後から行ってもOKだね。


     

    オーンズはゲレ食に力が入ってるけど、ゲレンデINする前に昼飯もいいじゃない?

    そんなヤカラに進めたいのが、銭函駅前の「海賊船」


     

    こんな感じの汚ったねー店なんだ。基本的に居酒屋。

    これ、誰のメガネよ?ってな感じで、トホホなのに客が途切れない。


     

    お目当ては「海賊船ラーメン」700!!!

    洗面器のような器に、ムール貝、エビ、練り物×2、イカ焼き、ホタテ×1!

    しかもメチャクチャうまかったら、黙って食うしかねーべ。


     

    定休日は日曜日。ランチタイムは14時まで。

    気まぐれで閉まっちまうから気を付けな。

    スノークルーズ・オーンズ2016

    • 2016.01.15 Friday
    • 23:20

    やって来ましたスノークルーズオーンズ。

    ようやっといい雪が降ったし、膝の調子も確かめてみよう。


     

    オーンズは小樽市にあるゲレンデ。

    ナイターを毎日23(金曜日は24)まで営業する都市型のゲレンデだ。


     

    2年前に経営会社が変わってから、シーズン券の大幅な割引などを導入。

    いきなり来客数を1.9倍に増やすなど、躍進している。

     

    なんと言っても、ここのウリはふたつ。

    1つ目は景色。今日は遠く暑寒別の山々まで見渡せる最高の天気。

     

    ゲレンデの楽しみ方は、自然をリスペクトすること。

    青かった海や空が、少しずつ色を変えて漆黒に染まっていく。
     

    家でゴロゴロしていたら絶対に見られない景色が、ここにはある。

     

     

    2つ目は飯。経営会社が変わる前からゲレ食は美味いと評判だった。

    ヒラフの望洋荘と、ここの飯は俺が太鼓判を押したもんだ。

     

     

    新会社でもゲレ食には力を入れている。まずはレストラン。

    レストラン単独で、フェイスブックまで開設してる!!!

    https://www.facebook.com/snowcruiseonzerestaurant/

     

    しかし俺の大好きだった鉄板焼きハンバーグの、ムーンバーグがない!

    おい、年に1、2回か行かないけど、俺のために復活してくれ。


     

    外部の飲食店を受け入れているのも新しい試み。

    テナント扱いなら、売り上げがなくてもショバ代は取れるもんな。


     

    おにぎりと豚汁おかわりし放題で400円は安いけど、あんまり客がいなそう。

    この仕事で食って行ってるのか? 商売って大変だな。

     

    こっちはケバブの店。男なら辛口を選べ!

    食ってみたら、刺激的な香辛料が舌を直撃! 口の周りが痛い!!!


     

    センターハウス内と、空き家だった山頂の建物にも、カフェがオープン。

    開業に興味がある俺としては、契約や売り上げが気になる。


     

    こんな感じで6時間半滑って、ゲレンデコンディションも膝の状態もまずまず。

    やっぱ、外で体動かすと気持ちいいや。

    ニセコアホンダラツアー2015 Part.2

    • 2015.02.11 Wednesday
    • 09:52

    今日は世界有数のゲレンデ、グランヒラフだぜ!
     

    しかし、気温が高くミゾレ、強風、視界はほとんどなしと言う有様。

    これ以上最悪な状況はない。


     

    「おい、やめとくか?」と言うと、親友Hはこう言った。

    「せっかく来たんだからすべろう」

     

    ああ、お前はそう言うヤツだよ。20年前の富良野でもそう言ってたな。


     

    リフトは天国の階段のように天に召されるリフト。

    意識が遠のき、目の前が真っ白になる。

     

    時間と共に麓まで真っ白になり、どこを滑ってるかわからない。

    人は多いし、狭いし、見えないし、クソも楽しくねーや。
     

    昼飯を食いに、望洋荘にたどり着くのも一苦労だった。

     

    望洋荘は、昭和30年代から建つ山小屋風の宿&飯屋

    林が伐採されて、ゲレンデが拡張されたために、ゲレンデ内に宿が取り残された。


     

    この味噌ラーメンは、いまや札幌では食うことのできないトラッドな味。

    かなりぶ厚いカツ丼やカツカレーも大人気で、相当うまそう。今度はあれだな。
     

    外国人占拠率高し。

    ジャパニーズスタイルは、オージーたちに、どう映ってるんだろう?

     

    ホントに、もうね、ヒラフに来たら昼飯は望洋荘だね。

    このブログの過去の記事に、どこよりも望洋荘について詳しく書いてるよ。


     

    どこまでも白の世界に耐え切れなくなり、俺は14時にリタイヤ。

    まだ滑り足りないと言う親友Hを残して、札幌に向かった。

     

    アホンダラらしく、爽快感も達成感もなく、疲れだけが残ったな。

    まともな状況で楽しみてぇ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

    ニセコアホンダラツアー2015 Part.1

    • 2015.02.09 Monday
    • 23:40

    「金と時間をかけたのに、苦痛な思いしかしない旅行」

    俺は、これを「アホンダラツアー」と呼んでいる。


     

    ここ数年、スノーもFMXも、いつもアホンダラで終わる。

    結論から言うと、今回もアホンダラツアーだった。


     

    今回、俺を雪山に誘ってくれたのは、小学校以来の親友。
     

    実は原稿の依頼が8本も来てる上に、締め切りが近いんだよ。

    なんとか締め切りを2回に分けてもらって、行けることになった。

     

     

    530分に起きて一路ニセコに向かう。

    初日はニセコアンヌプリ。その道のり2時間半。

     

    まずはゴンドラに乗って山頂付近に行ってみた。


     

    麓は視界がいいのに、標高1152m地点は真っ白な世界。

    三半規管がおかしくなって、何もないのに転んじまう。


     

    木立の少ない一枚バーンのアンヌプリは、視界が悪いと目印がない。

    こんなときは、ゲレンデ外に逃げ込むに限る。


     

    ウィンターウェアは、2年ごとに変えるのが一般的。

    スポーツではなくファッションなんだから、カッコつけてくれよ。

    そろそろ俺もモデルチェンジだな。


     

    昼になったんで、クルマに戻ってランチタイム。

     

    客単価1500円のゲレ食は高いんで、コンロで湯を沸かして焼きそばを作る。

    本当は羊蹄山の湧水で、名水ラーメンを作ろうと思ってたのに...

    焼きそばは、ミスチョイスだったぜ!!!


     

    ヒュッテより上は相変わらずガスってるんで、仕方なく麓をすべる。

    ちなみに、このヒュッテは、トイレはあるけど手が洗えないからね。

     

     

    マップをよく見たら、リフトが2本廃止されているのが分かる。

    いつなくなったのか分からないが、今や形跡すらない。


     

    夕方には羊蹄山も見え始めた。

    明日こそ完璧な天気になって欲しいと思いながら、親友の待つ宿に向かった。


     

    いつもの定宿、ニセコツーリストホームに土鍋を持ち込んで鍋を作った。

    味の素のサムゲタンに、大量のカット野菜と鶏肉、豚挽肉を入れるのが俺流。

    ガッッリ美味いから、マネしちゃっていいよ。

     

    ここまでは、まだアホンダラ度は低いよね。

    明日は何が起こるのかぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!

    初滑りはツマンネー

    • 2015.01.04 Sunday
    • 23:26

    なんだかなあ。

    あれだけ好きだったスノーバイクもFMXも関心なくなっちまった。
     

    2014年度中には雪山に行こうと思いながらも行かずじまい。

    「金がない」「天気が悪い」「雪質が悪い」と行かない理由を見つける始末。

    俺に必要なのは“命の電話”なのか?


     

    とにかく行けば感覚が戻るかなと思って、やってきました札幌国際スキー場。

    同じ市内なのに片道2時間もかかってウンザリ度が高い。
     

    北海道とは思えない狭さに道内随一の混雑具合。

    設備も古くて滑ってるよりリフトやゴンドラに乗ってる方が長い。


     

    景色がいいわけでもないのでメチャクチャ退屈。

    それに行列に並んでる時間も長くて疲労感だけが溜まっていく。

    単調なコースに人がゴチャゴチャ。
     

    相変わらずボーダーが寝転がってたり、スキーヤーが突っ立ってたり邪魔くさい。

    そいつらをよけて滑るのでストレスが溜まりまくる。


     

    総勢20人ほどのスクート軍団が来ているらしい。

    ほとんどバイクのツーリングチームみたいだな。

    俺に団体行動は性に合わないので、マネできないなぁ。


     

    味噌ラーメンは800円と高級品。なぜか茎ワカメが入っていた。

    肝心な味は最低限なレベル。食えなくはないが日清のラ王のほうが美味い。


     

    いつもはキッカリ8時間楽しむころなのに5時間弱でギブアップ。

    腕も握力もパンパンだ。
     

    やっぱ、この時期の札幌国際スキー場はつまんねーや。

    金かかってるのにツマンネーじゃ報われないな。アホくさ。

    ニセコ アホンダラツアー2014 ファイナル

    • 2014.02.11 Tuesday
    • 09:25

    引き続きいい天気で目覚めた。

    積雪がなくてパウダーじゃないのが残念だけど、贅沢言ってらんねーな。

    今日はニセコアンヌプリで楽しむ。



    ちなみに俺は、リフト券を定価買いするようなもったいないマネはしない。
    札幌市内の金券ショップをリサーチして、安いのを買ってる。

    よくアンヌプリに来るのも、そんなチケットが入手しやすいからなんだ。
    今回のチケットは通常4400円→2400円。



    雲海のようなキャット(雪上車)のラインと羊蹄山。
    ファーストランは、この山頂から始まる。

    同じ山を共有していても、アンヌプリはグランヒラフほどのスケールはない。
    でもシンプルでビッグなバーンは、豪快なすべりには最適だ!



    どうも昨日の疲れが残ってるらしく握力がない。
    朝飯もろくに食ってないんで、まだ11時前だけど昼飯にした。

    無料休憩所を兼ねたニュー三幸は、なぜかヌックアンヌプリより少しだけ安い。
    覚えておきーや。



    財布の小銭を探って、その範囲で食えたのがトン汁定食。これで700円。

    アンヌプリは食えるとこが限られてるから、価格設定が高めだな。
    普通のラーメンでも1000円位する。

    しかし、白米食ったのって、久しぶりだ。温まるぜ〜!!!



    ゲレンデの中にも温まれる場所はある。ぱらだいすヒュッテがそれ。
    トイレが水洗じゃないんで、若干アンモニア臭がするのはご愛嬌。

    ストーブにあたりながら、スイーツやビールを楽しんじゃいなよ。



    本日は早めにゲレンデアウト。

    腕が上がらね〜 腰痛て〜 はしゃぎすぎて体がガタガタだ。

    俺は今シーズンすべりに行くことはできないけど、ニセコは5月まですべれるよ。
    たくさんの人に、この大自然を楽しんで欲しいです。



    2月の最終土日はコレ!トヨタ・ビッグエアー!!! 

    もちろんこのチケットも金券ショップで購入。
    ほぼ毎年見に行ってるけど、定価で買ったことはない。

    一般販売4000円(2Days)→1400円(2Days)

    ニセコ アホンダラツアー2014 ファイナル

    • 2014.02.10 Monday
    • 21:26

    今年最後のニセコアホンダラツアーに行って来た。

    2
    7日(金)の早朝出発の予定が、様々なトラブルにより昼過ぎに出発。
    どうせ起きられなかったから諦めつくか。

    ニセコまでの道中は久しぶりにクリア。
    いつもは死にそうになって走る中山峠もスイスイってなもんだ。



    首都圏では大雪だって話だね。

    スニーカーでも転ぶ道を、普通のタイヤで走るなんて自殺行為!
    むしろ、それを通り越して殺人行為だな。

    突然降ったってわけじゃないべ?
    クルマを運転するってことの責任を、どう考えてるんだろう?

    俺ら雪国のヤツらは、こんなバカなマネはしねーよ!



    ニセコには5時ごろに到着。
    さっそくニセコツーリストホームにチェックインして温泉に向かった。

    今回選んだのは開湯114年の老舗、鯉川温泉。

    道路を曲がればすぐのとこなのに、なぜか日本秘湯の会の宿だ。
    その時点で全然秘湯じゃねーべ! 



    露天風呂に浸かってると、先客の日本人とオージーの会話が聞こえてきた。

    ダイビング好きが高じて沖縄にダイビング・スポットを紹介する宿を開いたヤツ、
    パウダー好きでニセコでスノーボード中心の生活をおくっているヤツ。

    楽しむために生きているヤツらの話が聞こえる。



    もちろん楽しいのとラクなのは違う。楽しむために苦労することだってある。
    でもその先に楽しさがあるなら、辛いのもいいと思えるよね。

    そんな話を聞きながら、今の俺って、どうなんだろうとグジグジと考えていた。
    楽しもうとしているときでも、こんなことを考える自分のクソな性格が嫌だ!

     

    そんな秘湯の宿で、秘湯限定発売のビールを発見した。

    詳細は、そのうち”ビール愛”のコンテンツで紹介するぞ!
    意外と超レアなビールだったんだ。相当ヤバイね。



    目覚めると、羊蹄山が山頂までくっきり。こんな天気、20123月以来だ! 
    向かうは“キング・オブ・ゲレンデ”のグラン・ヒラフ!

    ゲレンデの規模を超えた大自然に引き付けられ、世界中から人が集まる。
    ここをホームにしてると、札幌国際スキー場なんか物足りねー!

    そんな感じでテンションをあげながら、さっそくゴンドラに乗り込む。



    パウダーはないものの、キレイにグルーミングされたコースを滑るのは格別!

    ダイヤモンドダストの煌めきの中、羊蹄山を眼下に滑り降りる。
    この環境がヒラフの醍醐味。



    写真を撮ってたら、通りがかりのスキーヤーがシャッターを押してくれた。
    そうだよねー、こんな日には自分も写真に写らなきゃ。

    天気のいい日はそうにないので、写真を撮ってる人を見かけたら、
    積極的にシャッターを押してやった。



    山頂へのゲートも開いていて、大行列ができている。

    俺もパウダーを求めてゲレンデ外のストロベリーフィールドに乗り出したが、
    ほとんど圧雪状態で特有の包み込むような雪には出会えなかった。



    昼飯は「ここでしか食わない」と誓った望洋荘。
    以前も紹介したが、ゲレンデの中にあるロッヂ&レストランだ。

    メチャクチャ場所が悪いが、レトロな感じが外国人に大人気だし、
    他のレストハウスより200円は安く、はるかに美味い。

    こんな素敵な彼女たちにも会える。



    この日は味噌ラーメンを注文。800円は街では高いが、ヒラフでは安い方。
    しかもシンプルかつオーソドックスで、本来の札幌ラーメンの原型を保っている。
    これは是非食って欲しい。

    今年はホームページまで開設してる。
    http://bo-yo-so.com/ 

    ホント、ヒラフで食うなら望洋荘ですから〜 



    午後も天気がよく8時間まるまる楽しんで一日が終了。
    帰りにニセコヒルトンに寄って温泉に入った。

    超高級ホテルだけあって、シャンプーもリンスも高級品らしく、
    翌日の髪がサラサラだった。こんなホテルに泊まりてー!!!

    次回はアンヌプリだ!

    ニセコアホンダラツアー2014−

    • 2014.01.14 Tuesday
    • 22:16

    110日〜11日は、またまたニセコに行って来たんだ。

    中山峠から荒れあれで、ホワイトアウトの命がけドライブ 
    辛い道のりを経てなんとかアンヌプリに着いたものの、ガッツリ悪天候ですわ。



    最初は山頂への第4リフトが運行していたものの、すぐさまストップ。
    強風のためゴンドラも低速運転ときたもんだ。

    こんな時はゴンドラの同乗者は日本人に限る。だって間が持たねーもん。



    気になる雪はフカフカで申し分ない。その代償としてメチャ寒い。
    山麓でマイナス9度。まだバナナで釘は打てないぜよ。

    しかし、上に行くにしたがって気温は低くなり、寒いと言うより痛い。
    こうなると、スクートはハンドル握ってられないんだよね。



    昼飯は相変わらずカップ麺。今回は高級品にしてちよっと贅沢! 
    窓開けておかないと一酸化中毒になる。でも開けると雪が入ってくる。

    クソだな。



    なんだか休んでる方が多くて物足りないまま終了。
    明日に期待するしかねーな。



    寒い体をあっためるには温泉でしょう。
    本当は味なところに行きたかったんだけど、吹雪いてワヤ!

    ニセコ駅近くの綺羅の湯に入った。
    ここはここで新しくて清潔な気持ちのいい温泉だ。

    雪を見ながらの露天風呂は最高だね。



    時間はまだ5時半。
    今日は平日だから、本来ならまだ仕事をしてる時間だ。贅沢〜!

    滑るもよし、浸かるもよし、酔っぱらうのもよし。
    俺にとって「滑る」とは旅だ。旅とは非日常だ。Yes!  



    酒のツマミに焼き鳥食いてぇなぁと思ってたら、新しく開店した店を発見 
    去年7月にオープンした「くしや」

    https://www.facebook.com/Nisekokushiya

    札幌出身のオーナーがパウダー好きってことでオープンさせた店だ。
    地元の人も物珍しさで押し寄せてたらしい。

    でも12月に新しい店がオープンしてからサッパリだとさ。



    雪山談義するには飽きない店だよ。

    焼き鳥の味?
    うーん、俺は札幌の串鳥の方が好きだな。

    でもニセコで焼き鳥が食えるってことで、ま、いーか。
    なくならないうちに行って見なよ。



    翌日は麓は穏やかながら、山頂は荒れてる。

    ヒラフは中腹から軒並みリフトが運休ときたもんだ。
    これじゃ楽しめそうもないんで、アホンダラツアー覚悟で退散したよ。ケッ!



    途中の京極町で、デグーのこむぎの土産に、羊蹄山の天然水をくみ上げる。
    真狩村や利尻富士町に住んでたときは、水なんて汲まなかったのに...

    ない物ねだりだな。

    帰りの中山峠もヤベー状態で、上りも下りもホワイトアウト!
    死ぬかと思った出や! なんだか疲れる2日だった 

    勘弁してくれよ!

    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM